佐賀錦・鹿島錦(佐賀市、鹿島市)

佐賀錦・鹿島錦(佐賀市、鹿島市) ハンドバック、財布、帯締めなど、かたちを変えながらもその美しさで人々を魅了する鹿島錦(かしまにしき)・佐賀錦(さがにしき)。 江戸時代後期、鹿島鍋島藩主夫人が病で床についていた時、天井の網代組を見て、これを発案したといわれています。はじめは、佐賀、小城、鹿島などの武家の子女の手習いとして織り伝えられました。次第に工夫改良され、今日の方法が確立しました。その繊細で華麗な幾何学的文様は、横糸に絹を、縦糸に金・銀・漆を織り込んでいます。明治時代にイギリスで開催された日英博覧会で絶賛され、現在でも日本手織りの極致として海外でも評価されています。

●問い合わせ先
 佐賀錦振興協議会 TEL 0952-22-4477
 鹿島錦保存会   TEL 0954-62-2151