肥前びーどろ(佐賀市)

肥前びーどろ(佐賀市) びーどろとはガラス器のこと。その歴史は幕末にさかのぼり、大砲製造のためつくられた「精練方」(せいれんがた)において、化学薬品の容器製造の研究のためガラス器製造を手がけたのがはじまりです。
長崎ビードロとは異なり、オランダ、ポルトガルの文献から独自に学びとった技術が活かされています。
肥前びーどろは、ほとんどの物が型を用いず息の吹き込みだけで成形する宙吹きという技法で作られます。
型を用いずに整形する分、その形はどこか柔らかい雰囲気を漂わせております。
また現在では世界的に見ても副島硝子(そえじまがらす)でしか見ることができなくなった伝統技法「ジャッパン吹き」で
作られた製品もあります。ジャッパン吹きとはガラス製の「吹き棹」を2本同時に使用する特殊な吹き方で俗に二刀流と呼ばれる
宙吹き技法の中でも最も珍しく技術を要する技法です。

肥前びーどろは、昔から佐賀ガラスの名で実用品として親しまれていましたが、
今では昔ながらの日用ガラス器の他、コバルトブルー、ルビーなどの色づかいのワイングラス、民芸調のコップ類、水差し、つる首花瓶、ビアグラスなどの商品が贈答品やお土産として人気が高いようです。
もちろんジャッパン吹きによって製造したガラスのかんびんやちろりも看板商品となっております。
光のあたり具合によって微妙に変わる色の美しさをぜひお楽しみください。

●交通
 JR駅からの場合… JR長崎本線佐賀駅から、タクシー利用で15分  
 マイカー利用の場合… 長崎自動車道佐賀大和ICから車で20分
 バス利用の場合… 佐賀駅バスセンターから、佐賀市営バス嘉瀬新町・森林公園経由久富行き乗車。バス停西田代下車、徒歩5分
●ガラス作り見学  無料(要予約)
●営業時間   9:00~18:00(工業見学は17:00まで)
●休日     第2・4土曜日、日祝祭日
●駐車場    3台(無料)
●問合せ先  副島硝子工業(株) TEL 0952-24-4211   HP  http://www.hizen-vidro.co.jp/