有明海料理(佐賀市)

有明海料理(佐賀市) 干満の差約6m。沖合6kmにわたる広大な干潟が出現する有明海(ありあけかい)は、日本でも有数の珍味の宝庫。個性的な姿、形ですが、これが食べてみるとクセになりそうな美味。その秘密は干満の差。潮の満ち引きによって、川の栄養分をたっぷり取りこんでいるからなのです。おかげで有明海底の豊かな土壌では、魚介類がよく育つというわけです。名物ムツゴロウはハゼ科の魚。かば焼や刺身がおすすめです。舌ビラメの一種であるクチゾコは煮付けやバター焼がオーソドックス。またグロテスクだが食べると美味いワラスボには、味噌汁があいます。また酢みそに最適なウミタケ。ホウジヤやメカジャ、アゲマキなどの貝類も美味しい。独特の魚介類だけど、どれも味は最高です。有明海料理は、主に佐賀市内の旅館などで味わうことができます。

●問い合わせ先 佐賀観光協会 TEL 0952-20-2200