有田陶器市(有田町)

有田陶器市(有田町) 日本のゴールデンウィークを代表するお祭りである有田陶器市(ありたとうきいち)。毎年4月29日〜5月5日、全国のやきものファンが、静かな山あいのやきものの里・有田を目指し、町は大賑わいを見せます。
大正4年(1915)年の「陶磁器品評会」(現在の「九州山口陶磁展」)の協賛行事として行われた「蔵ざらえ大売り出し」が有田陶器市の起源です。しかしそれ以前にも市は行われていたようです。一説には、5月2、3日に霊場黒髪山を目指して全国から集まるお遍路さんたち目当ての商売がはじまりとか。この商売は、半端モノや傷モノを店先に並べ安値で売るといった、今の陶器市の原型ともいえるイベントだったようです。
JR有田駅周辺から上有田駅までの約4km、500を超える店が建ち並び、日没までワイワイガヤガヤと賑わいます。掘り出し物があったり、若手作家の作品が見られたりと、やきもの好きにはお楽しみがいっぱい。ファンの間では「ブランド品は初日、安さで買うなら最終日」というのが陶器市の常識とか。 軍手にスニーカーのいでたちでリュックを持参すると楽チンです。お店の人とのやりとりも陶器市の魅力です。

●問い合わせ先
有田商工会議所    0955−42−4111
有田町企画商工観光課 0955−46−2500
有田観光協会     0955-43-2121